葬儀は信頼と実績の典礼会館で

電話番号
お問合せ・資料請求
事前相談

HOMEはじめての葬儀(喪主・ご遺族の方へ)喪主・ご遺族の装い

はじめての葬儀(喪主・ご遺族の方へ)
喪主・ご遺族の装い
通夜・葬儀までの服装
不幸は予期せぬタイミングで訪れます。
喪主、ご遺族はこれから通夜・葬儀に向けての準備で慌ただしく過ごすことになります。
このときの服装については、お通夜が始まるまでは‘地味な平服’で過ごすことが一般的です。
華美なものや、肌の露出が多い服装は避け、女性は化粧も控えめにします。
ただし、最近では通夜前に多くの弔問が訪れる場合もあるので、状況をみて喪服に着替えることもあります。
通夜・葬儀の服装
通夜、葬儀では喪主様・ご遺族は喪服を着用します。
喪服には格式の差があり‘正・準・略’などがあります。
葬儀では喪主様・ご遺族は主催者の立場となりますので、正式喪服を着用することになりますが
通夜では略式喪服でも構いません。また、身内だけの通夜なら、服装に決まりはありません。

典礼会館では喪服のレンタルと着付けのサポートをしております。
  • 【男性の喪服】
    ブラックスーツに黒のネクタイ。和装は五つ紋付き羽織袴

    和装(羽織と着物)、洋装(モーニングコート、ただし、通夜ではブラックスーツ)が正礼装ですが、洋装(ブラックスーツ)が一般的です。
    ネクタイは黒無地でネクタイピンは着けません。
    靴、靴下は光沢のない革製の黒い靴で、靴下も必ず黒無地を着用します。
  • 【女性の喪服】
    黒無地のアフタヌーンドレスやワンピース。
    和装は黒無地の染め抜き五つ紋付き

    喪主様などを務めるときは和装の正喪服が一般的です。
    和装は黒無地染め抜き五つ紋に黒帯を合わせます。
    足袋は白、草履は光沢のない黒のものを選びます。

    洋装は黒無地のアフタヌーンドレス。
    なければワンピースかスーツ。
    夏でも襟元が詰まった長袖が基本です。
    ストッキングはやや肌が透ける程度の黒。
    靴はヒールの高すぎない光沢のない黒のパンプスが正式です。
    バッグも光沢のない黒。小ぶりで目立つ飾りがないものを。
    は虫類の革製のものは避けます。
    ネックレスはパール、黒曜石、黒壇などの一連のもの。
    メイクは控えめに。濃い色のマニキュアは厳禁です。
  • 【子どもの喪服】
    男女ともに制服を喪服の代わりに着用します。
    ただし、制服が明るい色やチェック柄などの場合は故人様との関係や式の形式を考慮し、黒または地味な服装(グレーなど)を着用します。
    小学生や幼児の場合も同様です。
    子どもの場合は大人ほど制約はありません。
    例えば、靴下は黒、白どちらでも問題ありません。
礼服小物ご用意してます
ご葬儀・追悼の流れ
  • 危篤・ご臨終
  • 故人様の搬送と安置
  • 喪主世話役の決定
  • 葬儀の段取り
  • 納棺の儀
  • お通夜
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 初七日法要 精進落とし
  • 葬儀後一週間
  • ※地域・宗派によって順番、作法が異なる場合があります。
  • 東北地区
  • 火葬
  • お通夜
  • 葬儀
  • 葬儀後・精進落とし
供花・供物はこちら
お急ぎの方
事前相談
お客様の声
会館見学会
イベント情報
基礎知識
合掌堂
求人情報
PAGE TOP