葬儀は信頼と実績の典礼会館で

電話番号
お問合せ・資料請求
事前相談

HOMEはじめての葬儀(喪主・ご遺族の方へ)初七日法要・精進落とし

はじめての葬儀(喪主・ご遺族の方へ)
ご葬儀・追悼の流れ
  • 危篤・ご臨終
  • 故人様の搬送と安置
  • 喪主世話役の決定
  • 葬儀の段取り
  • 納棺の儀
  • お通夜
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 初七日法要 精進落とし
  • 葬儀後一週間
  • ※地域・宗派によって順番、作法が異なる場合があります。
  • 東北地区
  • 火葬
  • お通夜
  • 葬儀
  • 葬儀後・精進落とし
初七日法要・精進落とし
火葬場から戻ったら遺骨を後飾り祭壇に安置し、骨迎え・初七日法要~精進落としを行います。
本来、初七日の法要は死亡した日を含めた7日後に行われるのですが、親族や関係者にまた集まってもらうことになり、大変負担になることから、最近では初七日の法要も葬儀と同日に行うことが多いようです。
  • 還骨法要(かんこつほうよう)・初七日法要(しょなのかほうよう)
    火葬場から戻ったら、遺骨を後飾り祭壇に安置し、住職の読経と遺族、会葬者による焼香にて遺骨を迎える儀式、「還骨法要」、続いて「初七日法要」の繰り上げ法要を行います。
  • 精進落とし
    通夜から四十九日の忌明けまでは精進料理で肉や魚などを絶ち、忌明け後に通常の食事に戻ることを「精進落とし」と呼んでいます。
    しかし、実際のところ忌明けまで精進料理で過ごすことは難しいことから、葬儀後に世話役や僧侶、お世話になった方へ労をねぎらい感謝する席を設け、これを精進落としとすることが多くなりました。
あいさつと言葉づかい
<喪主様のごあいさつ>
精進落としを始める際に、喪主様より簡単なあいさつをします。
葬儀が無事終了したこと、長時間にわたりお世話になったことへの感謝と労をねぎらい、お礼の言葉を述べます。
葬儀のあいさつ集

前に戻る

火葬
葬儀

次へ進む

葬儀後一週間
葬儀を執り行うにあたって知っておきたいこと
  • 葬儀のあいさつ集
  • お布施・お礼のこと
  • 喪主・ご遺族の装い
  • お焚き上げのご案内
典礼会館に寄せられるよくある質問をご紹介しますよくあるQ&A
動画でわかる葬儀の基礎知識
供花・供物はこちら
お急ぎの方
事前相談
お客様の声
会館見学会
イベント情報
基礎知識
合掌堂
求人情報
PAGE TOP