葬儀は信頼と実績の典礼会館で

電話番号
お問合せ・資料請求
事前相談

HOMEはじめての葬儀(喪主・ご遺族の方へ)火葬

はじめての葬儀(喪主・ご遺族の方へ)
ご葬儀・追悼の流れ
  • 危篤・ご臨終
  • 故人様の搬送と安置
  • 喪主世話役の決定
  • 葬儀の段取り
  • 納棺の儀
  • お通夜
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 初七日法要 精進落とし
  • 葬儀後一週間
  • ※地域・宗派によって順番、作法が異なる場合があります。
  • 東北地区
  • 火葬
  • お通夜
  • 葬儀
  • 葬儀後・精進落とし
火葬
告別式が終わると、喪主様は位牌を、ご遺族は遺影を持ち、会場から火葬場へと移動します。
また、会場に残り手伝いをする人たちは、後片付けや後飾り祭壇を設置し、火葬場から戻ったあとの[還骨法要]、[精進落とし]の準備をします。
後飾り祭壇とは、ご遺骨を埋葬する日、または四十九日の忌明けまで安置する祭壇のことです。
最近では葬儀社が設置を行うことがほとんどです。
  • 火葬場に到着
    火葬場についたら、死体火葬許可証の提出、火葬後には埋葬許可証の受け取りの手続きが必要となりますが、葬儀社に任せる場合がほとんどです。
    また、分骨を希望する場合は、前もって葬儀社に伝えておくと、分骨用の骨つぼを用意してくれます。
    納めの式 棺が炉の中に入れられたら、住職により読経が始まります。
    読経の間、喪主様から順に焼香をします。
    荼毘(だび) 火葬を待つ間、控え室にて住職、会葬者に茶菓や酒、軽食をふるまい、故人様を偲びながら過ごします。
    拾骨(しゅうこつ) 火葬後は、血筋の近い人から骨を拾い骨壺に収めます。
    拾う骨は地域により異なり、関東では全身の骨を、関西ではのど仏を中心に部分的な骨を骨つぼに納めます。
  • 火葬場出発
    骨つぼは喪主様が、位牌と遺影は近親者が持ちます。
    帰宅の際は喪主様、ご遺族が先頭の車に乗り、以降は血縁の濃い順に続きます。

前に戻る

葬儀・告別式
納棺の儀

次へ進む

初七日法要・精進落とし
お通夜
葬儀を執り行うにあたって知っておきたいこと
  • 葬儀のあいさつ集
  • お布施・お礼のこと
  • 喪主・ご遺族の装い
  • お焚き上げのご案内
典礼会館に寄せられるよくある質問をご紹介しますよくあるQ&A
動画でわかる葬儀の基礎知識
供花・供物はこちら
お急ぎの方
事前相談
お客様の声
会館見学会
イベント情報
基礎知識
合掌堂
求人情報
PAGE TOP