葬儀は信頼と実績の典礼会館で

電話番号
お問合せ・資料請求
事前相談

HOMEはじめての葬儀(喪主・ご遺族の方へ)葬儀・告別式

はじめての葬儀(喪主・ご遺族の方へ)
ご葬儀・追悼の流れ
  • 危篤・ご臨終
  • 故人様の搬送と安置
  • 喪主世話役の決定
  • 葬儀の段取り
  • 納棺の儀
  • お通夜
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 初七日法要 精進落とし
  • 葬儀後一週間
  • ※地域・宗派によって順番、作法が異なる場合があります。
  • 東北地区
  • 火葬
  • お通夜
  • 葬儀
  • 葬儀後・精進落とし
葬儀・告別式
葬儀とは、本来故人様の冥福を祈るための宗教的な儀式でした。
ご遺族と少数の近親者、僧侶のみで、告別式とは別々に行われていましたが、現在では「葬儀・告別式」として、葬儀と告別式が一体化されているのが一般的です。
また、同日に「初七日法要」も繰り上げて執り行われるケースが増えています。厳粛な儀式であるとともに、故人様にお別れを告げる重要な式典です。
【葬儀・告別式の流れ(※仏式の場合)】
  • お食事
  • 一般会葬者・住職ご到着
  • 式場内ご着席
    喪主様、ご遺族、ご親戚は開始時刻の15分前には着席します。
    世話役、一般会葬者などが揃い、着席した後、住職が入場します。
    席順については、祭壇に向かって右側の前から喪主様・ご遺族、その後ろに近親者と、故人様と縁の深い順に座り、左側は前から世話役、弔辞朗読者が座り、次いで一般会葬者が座ります。
  • 葬儀・告別式開式
    故人様と最後のお別れの儀式となります。
    読経 宗派により読経の間に住職から故人様へ引導(いんどう)が渡されます。
    「引導を渡す」とは、故人様を生死の迷いから救い、彼岸や浄土へ導くことです。
    弔辞・弔電 一般的に弔辞は故人様の親しかった上司の方や知人、3人以内の方にお願いします。
    弔電は2~5通を代読するので、事前に喪主様と世話役とで選んでおきます。
    焼香 読経の途中で焼香を始めることもあります。焼香の始まりは住職の指示に従います。
    住職が焼香をした後、喪主様、ご遺族やご親戚、ご友人・知人と席順に焼香をします。 引き続き、出棺準備が始まります。
  • 葬儀・告別式閉式・出棺
    住職が退場し、司会が閉式のあいさつをして葬儀・告別式は終了となります。
    引き続き、出棺準備が始まります。
    最後の対面 棺を祭壇から移動し、ご遺族、ご親戚などが供えられた花を故人様のまわりに飾り、合掌します。最後の対面をした後、ふたをします。
    釘打ち 棺のふたを閉めたあとに釘を打ち込むしぐさをする「釘打ちの儀式」を行うことがあります。
    これは死者への未練を断ち、故人様が無事に冥土につくように願いを込めるなど、様々な説があるようですが、近年では行わないケースも増えています。
    棺を運ぶ 故人様と縁の深い男性6人程で棺を霊柩車へと運びます。葬儀社のスタッフが手伝うこともあります。
    このとき、喪主様が位牌を、ご遺族が遺影をもち、棺の後に続きます。
    出棺の
    あいさつ
    喪主様は霊柩車を見送る人たちにあいさつをします。
    あいさつが終わったら一礼し、火葬場へと向かいます。
あいさつと言葉づかい
<出棺のあいさつ>
会葬者の方々に、故人様を見送りに来ていただいたお礼と故人様への生前のご厚意を感謝する言葉、故人様の人柄や思い出、今後のご遺族に対する支援のお願いなど、心を込めてあいさつをします。

本日はお忙しい中、故○○の葬儀、ならびに告別式にお集まり頂き、誠に有難うございます。
○○は○月○日午後○時○分、○○(死因)の為、○年の生涯を閉じました。
皆様からの生前にいただきましたご厚誼に厚く御礼申し上げます。
なお、残された私共につきましても、今後とも変わらぬお付き合いのほど、お願い申し上げます。
本日は誠にありがとうございました。

葬儀のあいさつ集

前に戻る

納棺の儀

次へ進む

葬儀・告別式
葬儀後・精進落とし
葬儀を執り行うにあたって知っておきたいこと
  • 葬儀のあいさつ集
  • お布施・お礼のこと
  • 喪主・ご遺族の装い
  • お焚き上げのご案内
典礼会館に寄せられるよくある質問をご紹介しますよくあるQ&A
礼服小物ご用意してます
動画でわかる葬儀の基礎知識
供花・供物はこちら
お急ぎの方
事前相談
お客様の声
会館見学会
イベント情報
基礎知識
合掌堂
求人情報
PAGE TOP