葬儀は信頼と実績の典礼会館で

電話番号
お問合せ・資料請求
事前相談

HOMEはじめての葬儀(喪主・ご遺族の方へ)納棺の儀

はじめての葬儀(喪主・ご遺族の方へ)
ご葬儀・追悼の流れ
  • 危篤・ご臨終
  • 故人様の搬送と安置
  • 喪主世話役の決定
  • 葬儀の段取り
  • 納棺の儀
  • お通夜
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 初七日法要 精進落とし
  • 葬儀後一週間
  • ※地域・宗派によって順番、作法が異なる場合があります。
  • 東北地区
  • 火葬
  • お通夜
  • 葬儀
  • 葬儀後・精進落とし
納棺の儀
納棺は、安置からお通夜が始まる前までに行います。
死装束に着替えさせ、ご遺体を棺に納めます。
地域によっては故人様の愛用品なども一緒に納めることもできます。
※地域や火葬場などで異なります。納めることができない場合には、メモリアルコーナーやお焚き上げをご利用ください。
湯灌(ゆかん)の儀

~湯灌の儀とは、故人の安らかな旅立ちを願う儀式~

亡くなった方のご遺体をご納棺の前に洗い清める「湯灌の儀」。
来世に導かれるために現世の汚れを洗い清めるという意味と、赤ちゃんが生まれたとき、
産湯につかるように、新たに来世に生まれ変わるためにという願いを込めて執り行われます。
一生の仕事を終えられ、来世へ旅立つ故人を敬い、感謝の気持ちを伝える大切な儀式。
残されたご家族の方の温かい思いが込められます。
典礼会館では湯灌の設備を整えております
ご家族の方になり代わり、美しい姿で送るための儀式をこころを込めてお手伝いいたします。
  • ・洗髪、整髪、洗顔
  • ・体全体を洗います
  • ・ひげ剃り、爪切りをします
  • ・脱脂綿などの取りかえ
  • ・旅立ちへの美容着付
※会館によって設備は異なります
納棺をする
故人様を死に装束(しにしょうぞく)に着替えさせ、棺に収めます。
伝統的な死に装束は、僧や巡礼者の旅立ちの姿になぞらえた白木綿の仏衣に白足袋・わらじ姿ですが、
最近では形式にこだわらず、新しい寝間着や故人様愛用の服などを着せることもあります。
祭壇・会場の設営
お通夜の会場となる自宅や斎場に祭壇の設営をします。
典礼会館では祭壇、会場の設営はすべてスタッフがお世話させていただきます。

前に戻る

葬儀の段取り

次へ進む

お通夜
火葬
葬儀を執り行うにあたって知っておきたいこと
  • 葬儀のあいさつ集
  • お布施・お礼のこと
  • 喪主・ご遺族の装い
  • お焚き上げのご案内
典礼会館に寄せられるよくある質問をご紹介しますよくあるQ&A
動画でわかる葬儀の基礎知識
供花・供物はこちら
お急ぎの方
事前相談
お客様の声
会館見学会
イベント情報
基礎知識
合掌堂
求人情報
PAGE TOP