葬儀は信頼と実績の典礼会館で

電話番号
お問合せ・資料請求
事前相談

HOMEはじめての葬儀(喪主・ご遺族の方へ)喪主・世話役の決定

はじめての葬儀(喪主・ご遺族の方へ)
ご葬儀・追悼の流れ
  • 危篤・ご臨終
  • 故人様の搬送と安置
  • 喪主世話役の決定
  • 葬儀の段取り
  • 納棺の儀
  • お通夜
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 初七日法要 精進落とし
  • 葬儀後一週間
  • ※地域・宗派によって順番、作法が異なる場合があります。
  • 東北地区
  • 火葬
  • お通夜
  • 葬儀
  • 葬儀後・精進落とし
喪主・世話役の決定
大切な家族を失い気持ちの整理もつかぬままのことと思いますが、これから葬儀を執り行うにあたってまず「喪主」を決定しなければなりません。
喪主様はご遺族の代表として葬儀全般の責任者となります。
また、常に故人様に付き添い、故人様に代わり弔問を受ける立場となります。
通常、喪主様はその後の法事を主催する「施主」という立場になりますので、末永く故人様の供養が出来る方を選ぶことが大切になってきます。
喪主様の決定にあたって
  • ・一般的には故人様と最も縁の深い人から選びます。
  • ・故人様が既婚者であればその配偶者。
  • ・子ども(長男から順、同居の有無などから決めます。)
  • ・配偶者や子どもがいない場合は、父親か母親、次いで兄弟姉妹。
  • ・故人様が喪主様を指名していた場合はそれに従います。
  • ・故人様が同居していた家族がある場合はその家の筆頭者が喪主様になることもあります。
  • ・故人様に近親者がいない場合は、故人様と親しかったご友人が喪主様の代理をすることもあります。
世話役の決定
喪主様の決定と併せて決めておきたいのが「世話役」です。
葬儀の形式や規模にもよりますが、喪主様やご遺族に代わって会計・受付・進行・接待・その他雑務など、葬儀の進行や雑務を取り仕切るのが世話役の役割となります。
一般的にはご親戚やご遺族の友人、会社・町内会・自治会関係より、統率力があり信頼できる方にお願いすることになります。
あいさつと言葉づかい
<世話役を引き受けてくれる方へ挨拶をします>
これからお世話になります。
何分わからないことばかりで、いたらぬ点も多いかと思います。
お気づきのことがありましたら、お声をかけてください。
どうぞよろしくお願いいたします。
葬儀のあいさつ集

前に戻る

故人様の搬送と安置

次へ進む

葬儀の段取り
葬儀を執り行うにあたって知っておきたいこと
  • 葬儀のあいさつ集
  • お布施・お礼のこと
  • 喪主・ご遺族の装い
  • お焚き上げのご案内
典礼会館に寄せられるよくある質問をご紹介しますよくあるQ&A
動画でわかる葬儀の基礎知識
供花・供物はこちら
お急ぎの方
事前相談
お客様の声
会館見学会
イベント情報
基礎知識
合掌堂
求人情報
PAGE TOP